スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふくママ
スポンサー広告  

アレルギーとの付き合い 〈8〉 喘息編

前に書いたように私は、洗濯洗剤を変えてから身体の調子が狂い抗アレルギー剤を
飲み続けなければならなくなりました。
25歳頃から飲み続けていた薬も徐々に身体の落ち着きと共に飲む回数が減り
5年程前から私は、15年間飲み続けていた抗アレルギー薬を離脱しました。
なんとかこれでしのいでいける身体まで回復しました。
ただ酷い鼻炎に悩まされる時だけお薬を飲みます。

20100424-J.jpg

しかし私の身体は、やはりアレルギー体質であることには変わりないのです。
ご存じの通り私は、3月に喘息の発作を起こしました。
喘息と診断されたのは、初めてです。
先生に「前にもあるのと違うんか?」と言われましたが、あれば先生に告知してますよ~
「ほんまに初めてか?」とも聞かれました。何でウソつかなあかんねんな~
初めての発作がかなり強烈な発作だったからでしょうか?
あまりにも胸が苦しくなる、胸が締め付けられる発作を心臓喘息と言うらしいです。

去年の11月頃から風邪なのか何だか解らない咳が少し出ていたのです。
年を越してもずっと咳が出ていました。「風邪ひいたんか?」とよく言われていました。
「何か解らんけど咳だけなんよ~」と、いつも言っていましたが、それが今思えば喘息の始まりだったのです。

前に書いた通りアトピー(アレルギー)と喘息は、同じ部類の疾患です。
娘じぶんにお医者様に言われたことがありました。「喘息で出るよりアトピーのほうがマシや。」って、
「喘息は、命にかかわるからね。」とも言われました。ただそれが正しい例えなのかは???ですが。

私の発作は、あれ以来起こしていません。もうあんなに苦しいのは、経験しなくてもいいです。
今現在、お薬も減り安静を保っています。ステロイドの吸入剤を朝晩2回服用しています。
皆さんも見かけたことありますよね~経口投与で吸い込むのです。肺に直接ステロイドを入れるためです。
発作が起きた時に吸入するお薬もあります。それは使うことが無いといいですけどね。

20100424-J (2)

本当にアレルギー患者は、多いです。現代病かも知れませんがまだまだ素晴らしい治療薬がありません。
必死になって我が子のアレルギーを治そうと民間治療薬や漢方など試しながら格闘している方も多いです。
いろいろ試してみるうちに飛躍的に改善せれる方もいます。何が自分にいいのか未知の世界なのです。

病院で処方されたステロイドの軟膏やクリームを塗っている方も多いでしょう。
塗り薬をぬっている所が日光に当たると皮膚が黒ずむ原因になりますので気を付けましょう。
これからの季節は、日傘をさしましょう。帽子を被りましょう。
私は、年中7分袖のシャツを着ています。半袖を着るのは、家の中だけです。
ここ2~3年、私の身体が落ち着いているので去年は、いい気になって半袖で玄関先の植木をよく弄っていました。
すぐそこのスーパーに買い物に行ったりね、、、すると私の腕がヒリヒリしだして少しブツブツが出ました!
日頃隠れている部分がビックリしたのです。やっぱり私は、紫外線に当たらほうがいいんだね~

こうして見かけによらず敏感な肌を持つ私は、夏が怖い~のであります。
西日のガンガン当たるうちのミニマム玄関先ガーデンで夕方の水やりを恐る恐る行うのです。
真ん前の高い建物の陰に入る時間を選んで水やりをするのですww
あぁーぁ、今年も焼けないようにしましょう。ねぇ、ふくママさんよ~

私のスキンケアは、簡単です。ただ、何でも使えません。
身体や顔を洗うのは、持田製薬のコラージュDの液体ソープです。低刺激の敏感肌用です。
シャンプーは、うちの店(美容室ですから)で入るものをつかっています。
私が実家に泊まることは、ありません。(同じ大阪だけど地下鉄を乗り継いで1時間弱です)
実家に1日泊まろうと思うと日頃から使っている液体ソープ・クリーム・お薬全般・
自分が使い慣れている化粧品などなど全部持っていかなければならないから泊まるのが面倒くさくなるのです。
まぁそれ以前に泊まるほどの距離じゃない。

20100424-J (3)

お客様のお孫さんに食物アレルギーが酷い女の子がおられたのですが
そのお子さんも高校生になり今は、食べられない食材が極僅かになりました。
こうして成長と共に改善される人もいるのです。
なので望みは捨てないで頑張りましょうね!患者さん達!

8日間に渡る私のアレルギー編歴にお付き合いしていただき有難うございました。
全くアレルギーと関係ない生活をしている方も読んでいただいて有難うございます。
そしてコメントを入れてくださって有難う~全くリコメなしの私なのに沢山のコメント有難う~!
多分この先しばらくリコメ無しのブログですがお付き合い宜しくお願いしまーっす。
何でもあり~な(私だけそう思っている)ナチュラルライフに参加したおかげで?
この記事を書くことになりました。いや~なんかスッキリしたわぁ~ありがとう。
さぁ明日は、どんな記事にしようかな~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
皆さま、応援ヨロシクです。。ポチっと。。

ラブラドール・ブログもヨロシクです。。 Fuku-Fuku日和 ふくちゃんと黒ラブ3兄妹の大家族日記です。。只今お休みしています。。

スポンサーサイト
ふくママ
アレルギーのこと   6 0

アンパパの母も酷い喘息持ちでした。
よく発作を起こし吸入してたのを 私も見た事があります。
私達が結婚してから10年後に 東大阪から地元へ戻り
姑の家の近くに住んだ頃から 少しずつ回復して来ました。
息子家族がそばにいるという安心感からなんでしょうか?
『病は気から』ともいいますし・・・
(ただこれは姑のことなんで・・・勝手な事書いてごめんなさい)
今は発作を起こしているのも見かけません。
アレルギーの完治って難しいでしょうから やはり上手く
付き合って行く事なんでしょうね・・・
2010/04/24 16:59 | | edit posted by アンジーのママ
アレルギーとご縁がなかった私ですが、今回は勉強になりました。あまりに広くて生きること全般に及んでいるので、たいへんだね。

「心臓喘息」って言葉。ちょっと恐い言葉だわ。発作が起こらないことを祈っているからね。
2010/04/24 18:07 | | edit posted by ミリわん
自分の事を 知って 付き合っていくしかないんですね
友達も 若い時からアトピーで強い薬を服用していた為
子供を産むには 長い事 薬をやめなくてはいけない
という辛い選択肢 結局 子供を諦めました(涙)
まわりの理解なくしては とても大変な事だと思います

ふくママさんの記事を読んでいて
改めて いろいろ考えてしまいました
ふくママfamilyの 強い絆を感じて 感動です♪
自分もがんばろ~<(`^´)> おぉ~

 
2010/04/24 21:18 | | edit posted by *taka*taka*
やっぱり経験者が一番良くわかってますからね
経験者が書くことは説得力ありますよ!(^^)!
たくさん悩んでる方もおられるでしょうし
今現在増えてますもんね
皆が知って貰って正しい知識が必要な
疾患ですもの
体験談とっても興味深く読みふけりましたよお(^_^)/~
2010/04/24 22:26 | | edit posted by がんぞうママ
アレルギーとの付き合い8日目の日にふくママ家で
お母様にお逢いしましたね!!とても若々しくてステキな方
ですよぉ~~みなさん!! 私、お逢いできて嬉しかったです~
   
  心賢さ~(頭の良さではなく、人間としての心の賢さが
                         大切)
  どんなに辛くてもどんなに悲しくても
        いつもあなた(母)が心の中にいてくれる。

 なんだかこの言葉を思い出しましたよ~~
          この言葉が私は好きなんです!!
   ふくママ!!身体に気をつけてこれからも宜しくです!!
2010/04/25 00:07 | | edit posted by ラテンママ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/25 08:56 | | edit posted by














 

http://tatumibasetaniku.blog35.fc2.com/tb.php/343-bada153b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。