スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふくママ
スポンサー広告  

アレルギーとの付き合い 〈7〉 娘もアレルギー 北海道編

北海道で蕎麦を食べて救急病院に運ばれた娘は、ステロイドの点滴を受け事なきを得ました。
保健師の先生から電話がかかって来た時は、本当にビックリしたのです!
先生のお話しが「本当に大変なことになってしまった!」って、感じに聞こえたからです。
蕎麦を食べて病院に運ばれたのだからアレルギー反応を起こしたのには間違いないのですが
凄く症状が悪いように聞こえたのです。その後、お医者様から電話で説明してもらいました。
大変よく解りました。私もアレルギーに関して少しは知識があります。なので理解出来ました。
保健師の先生と話しても「お母さんのほうがよくご存じで・・・」
私の聞く内容が保健師さんには、難しかったようです。

20100423-J (3)

こんな事があった日は、道内で何時間もかけてバス移動でしたので遅れをとった娘は、
保健師さんと添乗員のお兄さんと3人で列車移動になりました。
「夜の9時頃にホテルに到着しますので、また連絡します。」と、、、
ところがです~~8時半頃に電話がかかって来たのです。
それも札幌〇〇病院の△△(お医者様)です
エッ!エェ~~!!
お昼に電話があったのは、十勝の病院だったのに~なんで~!?

札幌のお医者様が「娘さんね、もう大丈夫ですから。」
「ん?何が大丈夫なんですかぁ~~?」
保健師さんより先に病院の先生から電話があったので私は、チンプンカンプン?でした。
保健師さんからの電話で「あの~ビックリされたでしょう。」 (ビックリしましたとも)
「娘さんね、移動の特急列車の中で倒れたんです。目的地の1つ手前の駅に着く前に
トイレに行ったのですが戻るのが遅いので見に行くとトイレの手前で倒れていたんです。」


倒れたのを見ていた方の中に「私、看護師です~ この子ね、脈が早いから救急車呼んで下さい~」
車掌さんに連絡をとって1つ手前の駅から救急車で搬送されました!
娘は、自分の周りに人が寄って来るのも「看護師です~」っていう会話も解っていたのですが
身体が全く動かなかったらしいです。原因は、貧血でした!(ブドウ糖の点滴で復活!)

お昼に全部吐き出した娘の胃には、何にも入っていなかったのです。
保健師さんに聞きましたよ~「ポカリとかおにぎりとか食べなかったのですか?」
「少し飲みましたが食べたく無いとの事でしたので・・・」
いや~先生しっかりしてくださいよ~って言いたかった。
「ちゃんとお腹に入れなさい。」と言ってほしかったなぁ~

そんなこんなで病院からタクシーで深夜12時を過ぎて皆が居てるホテルに辿り着いたのであります。
長い長い移動でありました。保健師さんも添乗員さんもお疲れ様でした。
うちの娘の北海道への修学旅行は、とんでもなく忘れられない想い出が出来ました!
まぁ無事だったから言える事ですけどね。

20100423-J (2) ハゴロモジャスミン

最初に電話がかかって来た時は、保健師さんの説明があまりにビックリしたので
私は、動悸が治まらなかったのです。心臓がバクバクしてたの!
(アナフィラキシーショックだと命に危険があるから)
お昼間だったので仕事の手が空いてから直ぐに掛かり付けの病院に駆け込みました。
説明して、話を聞いて、「帰ったら直ぐにこの病院にも来てよ。」と言われました。
そして、私の動悸が気になったので安定剤を処方していただきました。
この安定剤を貰っていてよかったのですよ~2度目の電話でまたビックリしたのですから。

掛かり付けの病院での血液検査の結果、娘は、とんでもない数値で蕎麦アレルギーがでたのです。
先生に「この子は、お薬をいつも持ち歩いていないといけない子だ。」と言われました。
うちの娘に「外で食べる時には、充分気をつけなさいよ。」と言い聞かせています。
お菓子だってそうです。クレープだってフランスなんかで蕎麦粉を使っている場合だってあるんですから。
お蕎麦を食べると危険な方は、商品に書いてある成分表示をしっかり見てから食べましょう。
お店で食べる場合は、ちゃんとお店の人に聞きましょう。私は、聞きます~「チーズ入ってませんか?」と。

20100423-J.jpg クローバーティントワイン

娘は、大阪に帰されることなく最終日を皆と一緒に過ごすことが出来、函館を観光してきました。
大阪空港まで迎えに行き先生方に挨拶をし経緯を聞き、まぁ一安心しました。
娘の顔は、まだ少しボワァ~ッと赤く腫れていましたが無事に大阪まで帰ってきました。
以上、2日に渡るうちの娘の北海道編でした。

うちのオッサンですが「なんや~オレ北海道まで行かんでいいんかぁ~」だってさ!
行ったとしても娘を迎えに行くだけやんか。ねっ、お気楽なオッサンですww

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
皆さま、応援ヨロシクです。。ポチっと。。

ラブラドール・ブログもヨロシクです。。 Fuku-Fuku日和 ふくちゃんと黒ラブ3兄妹の大家族日記です。。只今お休みしています。。

スポンサーサイト
ふくママ
アレルギーのこと   10 0

すぐ駆けつけるのが不可能な場所で娘さんの体調が悪くなってしまって
ふくママさん生きた心地しなかったのではないでしょうか。。。
修学旅行って学生時代の大事なイベントの1つですものね、
お嬢さん大事に至らず途中帰宅もせず思い出に置き換えることができてなによりでした(@_@;)
2010/04/23 13:35 | | edit posted by piro
ママさんだけでなく 娘さんもアレルギーなのね~
それも修学旅行中に大変な目に遭いましたね・・・
アレルギーって赤く腫れたり 痒くなったりするだけでなく
アナフィラキシーショックもあるんだもんね・・・コワイね。

実は このアレルギーお話7回目にして 思い出した事があるのです。
いまごろかいっ?って感じですが 私にも蕁麻疹が出来た事があったわ・・・と。 
それがなんと アンジーが来てすぐの事。
朝になると 両足やら両腕が左右対称の位置が痒くなって腫れていたのです。 
しばらく続いたけどいつの間にか治まりました。
しかし 今また少しですが出てくる日があり 犬アレルギーなのかな??
不思議にバディの時は大丈夫でしたょ! なんで??
2010/04/23 15:19 | | edit posted by アンジーのママ
アンジーママさん!!
犬アレルギーでもわんちゃんにもよりますよ~
触れて痒くなる子ならない子いろいろです!!

ふくママごめん!!
娘ちゃんも凄く大変な経験をして自分の体質が
よく解ったのではないでしょうか!!?
おっちゃんはそれでいいんです~
皆でオロオロしても~~ね。
2010/04/23 18:12 | | edit posted by ラテンママ
娘さんが蕎麦アレルギーだったのですね。
倒れたのですか?
貧血で、
そうなんだー。脈も早くって聞いたらゾーと背筋がなりました。
あー私も韓国麺も蕎麦使ってあるのですよ。
だから私絶対にいろいろ見てから食べるし、うどん屋さんに行く時は同じ釜か聞くしね。
お互い命おとさないようにしようね。こわー。
2010/04/23 20:15 | | edit posted by Loveママ
あ~良かった~。
二日間、ドキドキしながら読みましたよ!
蕎麦アレルギーって怖いんですね~。
って言うかアレルギーって怖い。
昔の人はなんで蕎麦なんて食べようと思ったんですかね?
そりゃ美味しいからですよね~。
う~ん、蕎麦かぁ…。
蕎麦ねぇ。
蕎麦…。

やめられそうにはないですねぇ(^^;)
2010/04/23 20:18 | | edit posted by かめむし
v-238 蕎麦アレルギーって恐いですね。赤ちゃんにも絶対アレルギーじゃない事が解るまでは 食べさせられないですよね。

とんだ修学旅行でしたが 一生の思い出になりましたね。
2010/04/23 21:10 | | edit posted by はーと
一杯協力の手があるところで良かったですよね
人の手が少ない所では大変ですもんね
2010/04/23 21:41 | | edit posted by がんぞうママ
大変な修学旅行だったね・・・2回も病院で治療受けて・・・
ある意味、思い出ふかいのかも。

でも、娘ちゃん、蕎麦なんだね・・・蕎麦はアレルギーの中でもひどいらしいから、ほんとに注意が必要だね。

2010/04/23 22:21 | | edit posted by ゆるり花
ただいま~ありがとう~退院延びた~寝る~ポチ
2010/04/23 23:46 | | edit posted by ミリわん
娘さん 蕎麦アレルギーでしたか
出先で症状でちゃって 大変でしたね
不安だったでしょう~  すぐ駆けつける事できないし
パパさんは さぞ 行きたかったでしょうね
2010/04/24 07:18 | | edit posted by *taka*taka*














 

http://tatumibasetaniku.blog35.fc2.com/tb.php/342-6c754559
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。