スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふくママ
スポンサー広告  

アレルギーとの付き合い 〈5〉 アレルギー発症のメカニズム超簡単編

30歳を過ぎ自分で自分の身体をかなり理解できるようになった私は、
若い時のように酷いアレルギー症状が出なくなりました。
だんだん年齢と共にアレルギーとの付き合い方が上手くなっていくのです。
若い時は、あれもこれも試したい。という欲求があったのですがそれも年齢がいくと共に
いろんな事に関して妥協するようになるのです。いろんな物を試すのが嫌になるのです。
「これが私なんだ。」という納得ですね。

私の食物アレルギーは、それほど制限されていません。有り難いです。
おかげさまで主食となる米・小麦・大豆といった物に関して大丈夫なのです。
しかし最近のアレルギー患者には、この主食が食べられない。という方が多くなったように思います。

ちょっとここで簡単に説明しますね。
ここに大きさの違うコップが3つあります。
このコップをそれぞれAさん Bさん Cさんとします。
201004-J-アレルギーについて
それぞれに同じだけの分量の水を入れてみました。

例えばこのコップの大きさが各個人が持っているアレルギーに対する許容量としてみて下さい。
花粉症を例えにしてみると生後10年間でこれだけの花粉が体内に溜まったとします。
Aさんは、もう半分溜まりました。BさんCさんは、まだまだ余裕があります。

また水を足しました。
201004-J-アレルギーについて (2)
Aさんの体内に花粉が溜まってきましたね~

生後20年だとします。
201004-J-アレルギーについて (3)
Aさんもう限界です!

翌年の花粉のシーズンに溢れてしまいました!
201004-J-アレルギーについて (4)
この溢れて受け入れられなくなったAさんは、花粉症を発症してしまうのです。

こんな感じで私は、お医者様に説明してもらった事があります。
誰しも身体に悪い物質が徐々にですが溜まっていくのです。
ただ、各個人それぞれ許容量が違うだけなのです。

この表現の仕方をいろんな食物に当てはめる事が出来るのです。
しかし生まれながらの食物アレルギーがあります。
日本の主食は、米でした。
ところが欧米文化と共に小麦(パン)の文化が今の日本じゃ朝食の定番となっています。
日本人の多くが身体に対する小麦の許容量が溢れてきているんじゃないのか?と言う学者もいます。
それがどうなのか私には、解りませんが、、、

でも主食となる食材が食べられない人は、本当に食事する事自体が大変なのです。
昨今、自然食も豊富になりお店も増えました。
米粉がそこそこブームになり米粉のケーキも出来るようになりました。
大豆が食べられないと豆腐・醤油・味噌もダメなのです。
大豆以外の雑穀で造られた醤油や味噌も販売されています。ただ高くつきます。

アレルギー体質の方やアレルギー体質のお子さんを育てていらっしゃる方は、多くいます。
家族と別メニューの食事をされている方もいます。
子供のために毎日せっせとこしらえているお母さんもいます。
酷い食物アレルギーの場合、調理するお鍋やフライパンも別物を使わなければなりません!
学校の給食が食べられなくて毎日お弁当持参の子供もいます。
(これが原因でいじめられる事だってありえるのです。残念ながら)



昨日いただいたコメントに悲しい出来事が書かれてありました。
その方がどこまでどんな風にアレルギーが悪化したのかは、解りませんが、、、
特に女性の方は、年頃を迎えると本当に悩まされます。
だって自分の顔や身体が真っ赤になったりただれたりするのですから人前に出るのが嫌になるのです。
これが原因で引きこもりになったり自暴自棄に陥るとこだってあるのです。
こうなればアレルギーだけの疾患で済まなくなるのです。

毎日アレルギーと戦っている皆さん、ご家族の方々、今より良い方向に向かうように頑張りましょう!



またまたコップに戻りますが、、、
201004-J-アレルギーについて (5)
Bさんは、100歳。Cさんは、多分150歳まで生きたとしても花粉症にならないでしょう。



明日は、私の食物アレルギーのことをお話ししまーっす。

あの~このアレルギーのお話しがこんなに長引くと思っていなかったのですよ~
自分で書きながら「私ってこんな経験してきたんだぁ~」って思い返しました。
こんなに長~いネタになっちゃってるんですがまだ、あと3日くらい続くかもなんですww
でも私としては、もうここで全部連載してしまおうか!と思っています。
なので関心の無い方は、スルーして下さいね~ワタクシごとなので、、、


昨日ふくちゃんと散歩に行きました~
八重桜
八重桜が満開です!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
皆さま、応援ヨロシクです。。ポチっと。。

ラブラドール・ブログもヨロシクです。。 Fuku-Fuku日和 ふくちゃんと黒ラブ3兄妹の大家族日記です。。只今お休みしています。。


スポンサーサイト
ふくママ
アレルギーのこと   7 0

やっぱりそうだったんだ~❢
昨日夕方ママさんらしき人 ちらっと見かけたような気がして
(実際見たのはアンパパで ふくちゃんと散歩してるんかなって言ってました。見つけた時は角を曲がって行く所で 少し離れてたから声も掛けられず・・・残念)

最近アンジーは調子よく ステロイドも長い間服用してません。 
こふみさんでササミ食べたけど何ともないので 鶏アレルギーってホントかなって思ってます・・・
それより怖いのは やはり小麦! パンを与えるのもやめました。 
1度米粉パン買ってアンジーにあげたけど 高いし塩分も気になるのでやめました。 
フードだけで栄養はとれるんですもんね~ リンゴだけおやつに与えてます。
我が家のアレルギー3人(アンパパ・娘2人)は おかげで
食物アレルギーではないので 私は助かってます。
2010/04/21 15:32 | | edit posted by アンジーのママ
あと3日かぁ~~大変だね 頑張ろうよ~~
全部書けば気持ちもスッキリするよね!
私も老眼鏡をかけて読むよ~~!
2010/04/21 16:23 | | edit posted by ラテンママ
v-238 許容量の話よく解りました。
うちは 実母を含め 全員糖尿病です。
姉妹5人のうち4人。
でも何故か 私は違います。
甘い物も好きなのに・・・
許容量が大きいんだと思います。
その代わり 私1人が 実父に似て心臓病です@@
2010/04/21 17:27 | | edit posted by はーと
今までも これからも すべて自分ですものね♪

ふくちゃんと お散歩いいですね~
八重桜も綺麗  未だに桜の
「さ」の字も咲いてないです
2010/04/21 18:23 | | edit posted by *taka*taka*
うん。いい機会だよ。文章にすると自分の感情を整理できるからね。
ちゃんと明日もくるからね。
2010/04/21 23:30 | | edit posted by ミリわん
ふくママのアレルギーはほんとにすごいね・・・
アレルギーもだけど、お薬の副作用もすごかったんだね・・・

今は少し落ち着いたみたいだけど・・アレルギーってほんと怖いから気をつけてね。

うちのお客さんの子供達もひどい子がすごく多いよね。
昔はそんなにひどい人は多くなかったのにね、
やっぱり食生活や生活環境が変わったからなんだろうね・・・
2010/04/21 23:36 | | edit posted by ゆるり花
う~ん、長期連載、なかなか為になります。
そういえばここ数年、毎日帰りに立ち食いソバを食べてるのですが、いつかソバアレルギーになったらどうしよう・・・なんて思ったりしてます^^;
ソバのコップが大きいといいなぁ・・・。
まぁ、アレルギー以前で別の意味で体壊すかもしれないけど^^;
味濃いし・・・。
2010/04/22 11:00 | | edit posted by かめむし














 

http://tatumibasetaniku.blog35.fc2.com/tb.php/340-0b200dd7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。