スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふくママ
スポンサー広告  

たまには、少女にもどってみませんか?
                                                                                      にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

ちょっと恥ずかしいタイトルで始まりましたが、どぉーしたの?って感じですよね~
今日は、雨、、、お昼から回復するものだとばっかり思っていたらどんどん雨脚が強くなる!
外は暗いし植物達は、みな濡れている。。なので今日は、こんなのです。。

皆さ~ん、このお家、誰のお家かわかりますよね~
20100210-a.jpg
お部屋の中は、こんなの
20100210-b.jpg


はい~もうおわかりですよね~
20100210-c.jpg
今日は、勝手にこの本の中から私が選んだ写真をお見せしたいと思います。。
そそ、勝手にですwwいいよね。。<1983年第1版、これは古本屋さんで3年前に購入>

今現在、少女の人も、、、20年前に少女だった人も、、、いやいや40年前に少女だった人も、、、
読んだことのある人って多いのでは、、、「 赤毛のアン 」
この私が「赤毛のアン」だなんて柄じゃないって思っているでしょう!?
確かにそうなんですよね~かつて少女だった時代に1冊しっかり読んだことが無かったのですよ!
ちゃんと読んだのがこれまた遅い!30過ぎなのよ!その後、本屋さんでチラッと目に留まり
「 ん!赤毛のアンって10巻まであるの~~!」 って、ビックリしたのです。。
よしっ!全部読もう!と買い込み読破いたしました!これを全部読んだのが30代後半です。。
20100210-l.jpg
えぇ~~っと、7巻が無いなぁ~どこにいったんだ、、、


アンが初めてアボンリーに足を下ろした駅
20100210-d.jpg
リンド夫人の敷地の小川
20100210-e.jpg
輝く湖水
20100210-f.jpg
Snow Queen
20100210-g.jpg
グリーンゲイブルスの薪ストーブ
20100210-j.jpg
このストーブでスープを温めたりジャムを作ったのでしょうね~

今現在もアボンリーに伝わるキルト
20100210-k.jpg

今日は、あえて自分の感想を控えました。。
皆さんの少女時代を想い出しながら見て頂けたら。。と思い、、、
この本に記載されている写真は、あくまでも 「 アンの世界 」 ですからね。。
1枚目の写真のお家は、観光用に建てられたグリーンゲイブルスですね。。
んで、明日も続いていいですかぁ~?ダメ?


我が家のちっちゃな庭から
20100210-bb.jpg
今日は、雨。。。。。


にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
皆さま、応援ヨロシクです。。ポチっと。。
ラブラドール・ブログもヨロシクです。。 Fuku-Fuku日和 ふくちゃんと黒ラブ3兄妹の大家族日記です。。

スポンサーサイト
ふくママ
未分類   9 0

No title
薪ストーブかっこいい~~~!
赤毛のアンって全然ストーリーおぼえてないですわー
覚えてるのはそばかすだけえ-
2010/02/10 21:24 | | edit posted by がんぞうママ
No title
あれ?私読んでいないかも?40年前の少女はただ忘れているのか・・・

キルトステキ~薪ストーブステキ~

明日も?いいとも!(古い)
2010/02/10 23:18 | | edit posted by ミリわん
No title
クー&ディルママとしましては
リンド夫人の敷地の草原でクー
ディル達を遊ばせたい!!そして私は
大きな木の幹にもたれて居眠りなんぞ!!
       だめですねぇ~イメージダウンだぁ~。
2010/02/10 23:39 | | edit posted by クー&ディル
No title
この写真、素敵~!
どっかに旅行に行ったかと思ったよ。

・・・私、赤毛のアンは読んだことないのよ・・・
いつか読んでみよう~って思うけどね。
いつか挑戦します!
2010/02/10 23:58 | | edit posted by ゆるり花
No title
こんなお家に住んでみたいですよね(*^。^*)
メルヘンチックだけど
少女に戻ってみたいですね\(^o^)/
アンの正直な可愛さがとっても良かったですよね!
んで、おしゃべりなとこも可愛かったなぁ(^^♪
2010/02/11 00:55 | | edit posted by きらめる
No title
こんばんは♪

今日はこちらはおじゃましまぁす!
私もアンに成りきって、一生懸命に読みましたよ。これは私のことだ、私も同じだ、と思いながら・・・。あれはいったい何年前だろう・・・。(遠い目)
2010/02/11 07:55 | | edit posted by ゆんこ
赤毛のアン
テレビでやってたマンガを見てたなぁ
小さい頃は女の子だったのになぁ…
年齢をかさねるごとに 男化してしまった…
(今は女の子に戻ろうと足掻いてます(笑))

薪ストーブ憧れ
キルトも可愛い~
こんな家に住めたらなぁ
2010/02/11 08:34 | | edit posted by ぶひりん
No title
v-238 私の『赤毛のアン』歴は45年前から始まったよ。
作家のモンゴメリーの作品は全て読破してるよ。
アニメも映画も その本も持ってるよ。
で 私のオトメチック度は 全開のままなんかなぁ?
テレビで『アボンリーへの道』も全部みました。

私の中で『赤毛のアン』『大草原の小さな家』とがバイブルなんでーーーす。
2010/02/11 08:55 | | edit posted by はーと
No title
赤毛のアンって、世界名作劇場でやってた部分だけしか知らないです。
っていうか、あれで全部かと思ってました^^;;
その後かなり大人になってから、大人のアンの話もあると知ってビックリした記憶が・・・。
でも魅力的な写真ですね~。
魅力的なところなんだろうなぁ・・・。
2010/02/11 11:14 | | edit posted by かめむし














 

http://tatumibasetaniku.blog35.fc2.com/tb.php/274-40baee58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。